2010年01月20日

<第二東京弁護士会>駅員暴行で有罪の弁護士を懲戒処分(毎日新聞)

 第二東京弁護士会は13日、同会所属の佐々木英雄弁護士(70)を業務停止1カ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は8日付。同会によると、佐々木弁護士は06年5月、東京メトロ有楽町線新木場駅のホームで駅員を殴ったとして暴行容疑で現行犯逮捕され、最高裁で罰金30万円の有罪判決が確定した。

 同会は処分理由について「飲酒の影響があったとしても許されず、犯行を否認し続けるなど反省していない」と説明している。佐々木弁護士は同会に対し「手は触れたが暴行はしていない」と述べたという。佐々木弁護士は元検察官で、福岡高検刑事部長などを歴任した。【銭場裕司】

<障害者>政府「推進会議」初会合(毎日新聞)
ゾルゲ事件 宮城与徳の勲章、モスクワで発見 遺族に(毎日新聞)
コンピューターに過大な負荷=210便に影響−管制一元化の羽田システム障害(時事通信)
<脱税低額宿泊所>入所者、月1〜4万円で調理・事務担当(毎日新聞)
<新型インフル>「殺到」など課題も 輸入ワクチン承認(毎日新聞)
posted by 欲望のまま at 22:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。